コロナ禍でマーケティングは二極化する!

トリニティーコンサルティングの四元(よつもと)です。

昨日は、トリニティーグループ全体のマーケティング会議でした(世間はお盆休みなのに…)。

実は、コロナ禍をきっかけにトリニティーグループのマーケティングを変えようとしています。クライアント先に、これからの中小零細企業のマーケティングの「あり方」を示そうとしているからです。
※参考:マーケティング(「見込み客」の見つけ方と簡単に理解しておいてください)

さて、みなさんは「これからのマーケティング」はどう変化すると予測していますか?

現在は「新しい生活様式」により「制限された」マーケティングが行われていますが、マーケティングはマーケティングで新しいスタンダードに進化していくはずです。

例えば緊急事態宣言下の巣ごもり期間中、Web検索はもちろん、YouTubeやSNS、GoogleのMAP情報などの閲覧数は大幅に増加し、マーケティングにおける重要性はあきらかに上がりました。

また、商談のオンライン化や、テレワークの浸透は、もはやコロナはきっかけではあったが、コロナとは別の意味で社会に浸透しつつあります(社会が習慣づけられ、効率の追求・コスト削減・ボーダレスなアプローチなどの利点により広まっている)。デジタル化、オンライン化、テレワーク化はすでに定着しつつあり、マーケティングにおいても、「デジタルマーケティング」の重要度は増す一方です。

マーケティングの二極化のうち「デジタルマーケティング」は簡単に想像がつきます。さて、もう一方は?

現在、オンラインで商談している相手先や、いわゆる「オンラン」とは言えないまでも、電話やメールやFAXなどでやり取りをしている相手先は、既存の取引先、既存の見込み先、既存の人脈など、「既存の〇〇」が大半を占めるはずです。

「既存の〇〇」は過去のどこかの時点で、新しい出会いがあったからこそ、現在の「既存の〇〇」になっている訳です。

新しい出会いのきっかけは、交流会であったり、飲み会であったり、展示会での名刺交換であったり、客先訪問時に隣の部署を紹介されたり、誰かをHubにした紹介による人脈であったりしたのではないでしょうか?

我々は新型コロナウィルス感染症の拡大を経験して、これらの「新しい出会い」を今まで通り維持できるのでしょうか?

展示会や飲み会はあきらかに頻度が落ちています。
しかし「紹介による人脈拡大」はどうでしょうか?こちらは「やり方次第」!

「たまたま」や「ついで」の紹介は減るはずです。
しかし、意図的に、能動的に紹介を引き出せるとすれば必ずしも紹介は減りません。だからこそ、旧来型の「人間力」によるマーケティングも再度重要度が上がると予測しています。

実は、「コロナ禍」を抜きにしても、この二つ手法は比例関係にあります。少し前の高度情報化社会のマーケティング議論でも、情報が溢れれば溢れるほど、情報の選別が重要になり、逆に口コミや紹介が着目されると言われました。我々はすでにその事実を経験してきました。

マーケティングは二極化する!

トリニティーグループは、もともと紹介による案件化が95%以上のコンサルティングファームです。後者については得意中の得意。しかし、後者が95%を超えるからこそ「デジタルマーケティング」の重要度が低かったことも事実です。

クライアント先に見本を示す意味でも、「デジタルマーケティング」への取り組みを進めます。当社のコンサルタントが頻繁にブログを書くようになったのはこのためです(笑)。